3PL(3rd Party Logistics)

3PL(サードパーティー・ロジスティクス)とは、物流部門を第三者企業に委託する業務形態のことを言います。
保管や配送、輸出入、物流コンサルだけでなく、生産や販売なども担当し、物流全体の最適化を図っていきます。
なぜ“サードパーティ”なのかというと、ファーストパーティーはメーカー、セカンドパーティーは小売業者とされており、物流業者はサードパーティーと見なされるからです。サードパーティーが物流を一元管理する(ロジスティクス)ことから、サードパーティーロジスティクスと呼ばれています。

3PLの重要性について

自社の商品を良好な状態を保ったまま滞りなく届けること。
これは企業にとって重要な業務の一つです。
しかしながら、自社で完全な物流を実現するためには、運送や保管に莫大なコストが必要となります。
機械設備へのコストだけではなく、配送業務に長けた人材やシステムのコストも考えれば、物流業務の整備に自社のみで取り組むことは容易なことではありません。

そこで有効な手段となるのが「3PL」の導入です。
物流業務にかかるコストを抑えつつ配送の品質を高い水準に保ち、委託によって空いた時間やリソースを通常業務に使うことができます。
自社の成長と効率の良い物流を両立するためには、3PLを最大限に活用することが非常に有効となります。

3PLを導入する目的

商品の製造から物流まで、全てを自社で行うとなると、コストとスタッフの負担は大きくなってしまいます。
自社の経済資源や人員をコア業務に集中させるためには、3PLの導入が欠かせないと言っても過言ではないでしょう。
そのほか、3PLを導入する目的には「サービスの品質向上」という点も含まれます。商品をミスなくスピーディーに顧客の元へ届けるには、さまざまなノウハウが必要になるため、自社で対応するよりも、物流のプロである3PL業者に任せる方が得策だと言えるでしょう。豊富な知識をもつ事業者に依頼した場合、物流業務の効率が上がることにより、サービスの品質・顧客満足度の向上が期待できると言っても過言ではありません。結果として、全体の利益の向上も期待できます。

3PL活用によって得られる効果 

繰り返しになりますが、3PLは単に在庫管理や運送といった業務を単発で請け負うのではなく、クライアントのロジスティクスを包括的に支援するのが特徴です。

そのため、3PL事業者に委託することによって次のような効果を期待できます。

01 物流コストの最適化

Packages

受注データ、発送指示データの受信と、出荷データへの変換、印字。
在庫確認、棚卸し、在庫の問い合わせ対応
発送の指示を受けると、迅速にご指定の宛先へ出荷いたします。ギフトラッピングも専門スタッフが丁寧に対応いたします。
ネット通信販売で必須な在庫管理がオンラインで可能になります。また、楽天、Yahoo、独自ドメイン店舗など、多店舗展開をされるお客様に適したサービスのご紹介や運用までのサポートも行っております。

02 生産性向上

Presentation

生産性向上のアプローチは大きく分けて3つあります。

①コストを変えず売上を上げる
3PLへの委託コストが自社で物流をまかなった場合と同じだったとしても、委託によって物流効率が上がれば、より多くの商品を配送することが可能となり、結果的に売上のアップにつながります。

②売上を変えずコストを削減する
自社商品の売上が変わらなくても、3PLに委託を行って物流コストが下がれば、企業全体の利益は増加します。

③売上を上げ、コストも削減する
もっとも理想的なのは、3PLへ委託することで物流コストが下がり、かつ作業効率が改善することで売上が増加するという、2つの観点からの生産性向上です。
自社と共に歩んでくれる理想の3PL業者を選ぶことができれば、大幅な生産性の向上が期待できます。

03 品質向上

Checking Inventory

プロの現場で培われた独自のノウハウによるスムーズな納品で時間の短縮を実現したり、ミスの少ない配送で確実性を高めたりすることができます。
また、物流のみならず在庫管理を担ってくれる業者もあります。
在庫管理を自社で適正に行う場合には経験のある人材が必要ですが、専門の業者に任せれば不良在庫の発生率を下げることにもつながります。

3PL業者は、多くの荷主企業が陥りがちな「売り手の立場に寄り過ぎた物流」に一石を投じる存在となり、適正なロジスティクス構築になくてはならない存在となるでしょう。
これにより、物流品質は高い状態で維持され、それが売り手やエンドユーザーの満足へとつながっていきます。

04 販路の拡大

Yen Bills

3PL業者に物流を委託することで、自社で物流をまかなっていた際には取り組めなかった新しい販路の拡大にも挑戦しやすくなります。
たとえば、ECサイトは配送先や配送方法が多岐に渡るため、自社の物流で対応するには作業が複雑になりすぎる側面があります。

しかし、専門のノウハウを持った3PL業者に物流をすべて任せれば、煩雑な配送も遅延なく正確に行うことができます。